住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • 住宅ローンのご相談

2010.09.06

住宅ローンを組んで家を購入するということ

住宅ローンを組んで家を購入するということは、まず、家の購入価格はとても高額になってしまいますので、住宅ローンを組んだ場合、借入金額も決して少額ということはありません。

よって、住宅を購入するときの購入プランを検討するに当たっては、決して無理な返済プランは立てないようにしてください。

収入が相当に高い場合を除いて、少しでも住宅ローン負担を軽減するためにも、頭金として物件価格の20%相当額と別途かかる諸費用分は予め用意するようにしてください。

また、住宅ローンを組んだ後から家計を圧迫するようなことにならないためにも、手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合としては、28%ほどに収まるように住宅ローンを組むようにしていってください。

くれぐれも幾らまでなら借りられるからと、無理な借り入れなどはしないようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

住宅ローンのご相談はこちら

お知らせ一覧へ