住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • 住宅ローンのご相談

2010.12.06

繰り上げ返済の優先順位

住宅ローンを組んでいる方の中には、変動金利と固定金利の2本立てで、住宅ローンを組んでいる方も多いと思われます。
住宅ローンを組んでいる方の多くは少しでも早く住宅ローンを完済してしまいたいと思うでしょうし、ある程度の資金がたまったときに繰り上げ返済をすることになります。

そこで繰り上げ返済を行う場合の優先順位として、変動金利と固定金利のどちらを優先して繰り上げ返済を行う方が、より効果的かということになります。

住宅ローンにつきまして、毎月の返済額に占めるローン利息の割合は、ローン金利の高い方が割合も高くなります。
尚、繰り上げ返済資金につきましては、原則として借り入れ元本にのみ充当されることになりますので、ローン金利の高い方が繰り上げ返済の効果も大きくなります。
よって、変動金利よりも固定金利の方を優先して、繰り上げ返済をすることが基本となります。
以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

住宅ローンのご相談

お知らせ一覧へ