住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • 家計・資産のご相談

2010.12.13

預金を取り崩す勇気

最近の給与所得の減少などもあり、家計の見直し相談を良く受けます。
今の家計支出項目の中からどの支出項目を削減することができるのかいとう内容の相談が多いです。

過剰と思われる支出項目があるばあいには、そこを指摘すれば済むのですが、既に家計支出を十分に削減している場合は、それ以上の削減をご提案することはできかねます。

特に、お子様がいるご家庭の場合は尚更です。

家計支出をもうこれ以上削減することができない場合、また、将来収入を見込むことができるのであれば、今まで蓄えてきた預貯金の一部を取り崩して生活費の一部に充当することもご提案します。

今までせっかくコツコツと貯めたきた預貯金の一部を取り崩すことに多少なりとも抵抗感がある方もいますが、預貯金の目的につきましては将来予定しているライフイベント資金として意外にも、生活資金の充当という生活予備資金の意味合いもあります。

一旦、取り崩すようなことがあっても、将来十分な収入を見込めるようになってから、貯蓄をし直せば良いのですから、ときには預貯金を取り崩す勇気を持つことも必要なのです。

家計のご相談

お知らせ一覧へ