住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • その他

2012.01.26

後発薬、沖縄が使用率1位

少し前の日経新聞の記事によると、

新薬の5~7割程度の価格で手に入る後発医薬品(ジェネリック医薬品)。

 

衣料費抑制の柱として政府は利用を促進しているが、

米国では、数量ベースでシェアが70%を超えているのに対して、

日本は2010年度で22.4%にとどまっているとのことです。

 

医師などに品質や副作用への不安が根強く、

ネガティブなイメージが払拭されていないのが、

伸び悩みの要因とのことです。

 

国内で最も後発薬の使用率が高いのは沖縄県で35.9%。

2位は鹿児島県だったとのことです。

お知らせ一覧へ