住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • その他

2014.01.09

家計の金融資産、『老後のため』最多

昨年の日本経済新聞の記事によると、

金融広報中央委員会2013年の『家計の金融行動に関する世論調査』を公表した。

金融資産の保有目的では『老後の生活資金』が65.8%で最多、

『病気や不時の災害の備え』の63.8%を上回った。

 

一世帯あたりの金融資産の平均保有額は1101万円と前年(1108万円)とほぼ横ばいだった。

株価上昇の影響などで有価証券の評価額が増えたものの、

金融資産を持たないと回答した世帯比率が31%と、

1963年の調査開始以降で最高になったためだ。

とのことです。

 

老後を迎えるにあたって、

豊かな老後を過ごすためには、

3000万円ほど必要だとあるデータでは書いています。

 

私自身、お客様のキャッシュフロー表を作成しますが、

余程、十分な年金を受け取れる方を除いて、

1000万円ほどでは決してゆとりがあるとはいえません。

 

老後資金対策にあたっては、

可能な範囲内でで構いませんので、

少しでも早い時期から無理のない金額から、

準備を始めていくことを私はお勧めしています。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

お知らせ一覧へ