住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • その他

2014.01.15

働くママ 島根が1位

昨年の日本経済新聞の記事によると、

育児をしながら働いている女性の割合が全国で最も高いのは島根県で、

74.8%だったことが総務省の調査で分かった。

 

昨年10月時点で、小学校に入る前の乳幼児を育てている25~44債の女性を対象に調査。

島根は2万7800人うち、2万800人が正社員やパートで働いていた。

2位は山形(72.5%)、3位は福井(72.1%)、4位は鳥取(71.8%)、5位は富山(68.3%)

最下位は神奈川県の41.1%だった。

46位は兵庫(43.2%)、45位は埼玉(46.4%)、44位は千葉(46.7%)、43位は大阪(46.7%)

 

調査によると、働く意志がありながら、

出産や育児で就職活動ができない15~64歳の無職女性は113万人に上り、

働き盛りの30代が約60%を占めた。

とのことです。

 

都会で幼いお子さんがいる家庭の場合、

保育園などにお子さんを預けて働いても、

無認可の保育園では保育料が割高で、

収入のほとんどが保育料に消えてしまったりする場合もあり、

就職することが難しいのが現実です。

 

ご両親との同居しているなど、

お子さんをみていてもらえる環境も就職するには必要です。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

お知らせ一覧へ