住宅ローン、生命保険、家計・資産のお金の悩みを解消する 渡辺 行雄のお役立ち情報

  • ライフプランのご相談

2015.02.18

NISA投資5割増

日本経済新聞の記事によると、

2014年に始まった少額投資非課税制度(NISA)の利用が広がっている。

主な証券会社や大手銀行を通じた投資額は2014年10月から12月に約5,000億円と、

7月から9月に比べて5割増えた。

 

NISAを利用する専用口座の開設者は1年間で482万人になった。

銀行に口座を開設した4割強は未経験者で、

『貯蓄から投資』の流れが着実に進んでいる。

 

一方で口座を開いても実際に投資したのは全体の半分以下の216万人に留まった。

『何に投資すれば良いのか分からない。』との声は多い。

とのことです。

 

NISAとは1年間の投資額100万円までの譲渡益や配当が、

3年間にわたって非課税となる制度ですが、

何に投資すれば良いのかということはといも重要なこととなります。

 

記事によると、みずほフィナンシャルグループや、

武田薬品工業、それにキャノンなどが人気があるとのことです。

どの銘柄も配当性向が高い銘柄となりますので、

あくまでも配当金目的で長期保有ということでしたら、

よろしいと考えますが、銘柄によっては大分高値圏にある銘柄あります。

 

どういった金融商品に投資するのかはといも重要なこととなりますが、

私があまりお勧めしない金融商品として、

バランス型ファンドあります。

理由として、コストが他のファンドに比べて割高なものが多いと言うこと。

また、ファンドそのものに債券や株式が組み込まれてしまっているため、

自分自身で組み替えが困難である点が挙げられます。

任せっきりでラクにも思えますが、

投資も他のことと同様に、

ラクをして良い結果はなかなか伴わないのかも知れませんね。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

お知らせ一覧へ